老人ホームの種類について

老人ホームには様々な種類があります
老人ホームという言葉は、様々な分類の施設の総称です。
そのため、老人ホームの種類とはある施設だけを指している訳ではありません。

老人ホームの種類にも幾つかあり、介護保険やその他の制度を用いた費用面で安いところと、医療法人やその他法人が経営している有料老人ホームなどがあります。

介護保険認定を受けている方なら保険を用いて介護分は1割自己負担という費用で受けることが出来ます。医療依存度が高い方ならそれが受けられる老人ホームを選ぶべきです。

医療依存度以外にも高齢者の多くが患ってしまうのが認知症ですが、その主な種類で あるアルツハイマー型認知症に対応した老人ホームもあります。

また、出来るだけ自立した生活をしてもらおうと考えるホームもあり、ホームページやパンフレットには「自立型」や「健康型」と表示をしているところもあります。

介護保険制度が開始される前のバブル期に民間によって建てられたものは、そのほとんどが入居時の要件が自立でした。これは、高額な入居金を払って優雅に暮らしてもらい、介護が必要になっても最後まで面倒を看るので安心して生活してくださいといったコンセプトで、全国各地から入居者を募っていました。

老人ホームを大きく分けると介護保険が使えるホームと介護保険とは関係無いホームに分けることが出来ます。難しい言い方になりますが、介護保険とは関係ないホーム入った場合、いざそれが必要になったときに別のホームを探さなければならなくなったりします。何度も手間をかける、本人に負担となることもありますので慎重に探さなければなりません。

先に記載した自立型、健康型といった老人ホームが、介護保険が使えない施設になります。こうした施設では、周りにもお元気な方ばかりとなる為、介護の方を見て生活すると気が滅入るといった方が入居し、同じ健康な人の中に交じる事になりますので、趣味を共有したり一緒に旅行に行ったりなど、ご自身の生活や楽しみを重視して入る施設と言えます。

保険とは関係無いホームには有料老人ホーム、軽費老人ホームなどがあり、それから更に細分化され、それぞれに特徴がでてきます。 また、「ホーム」と「ハウス」で異なる意味を持つこともありホームでは介護が提供され、ハウスでは自立と捉えると分かりやすいかと思います。