介護が必要な方

老人ホーム入所を考えるなら、介護が必要な方はあらかじめ、介護保険認定を受けておきましょう。認定が下りると介護を受けた分の1~3割が自己負担分となりますので、それにかかる費用を抑えることが出来ます。
介護保険申請はお住まいの市区町村の介護保険窓口で相談と申請をします。その際、かかりつけ医師から意見書が必要です。
老人ホームでそれを望むなら、「介護付き」を探された方が良く、そこでは24時間体制で介護職員が常駐しています。


介護付きにも二つのタイプがあり、ホーム内でサービスが提供されているところと、外部から介護サービスを取り入れているところがあります。
外部から取り入れると言っても心配することはありません。ホームにはケアマネージャーがいますので、入所する方のケア計画を立てて進行しますので、外部との連携は取れるようになっています。この形は比較的新しいようです。


老人ホームで介護をうけるなら、一人の介護スタッフにつき、何人の入所者を受け持つかということもホーム選びの基準となります。常に必要というのであればマンツーマンで取り入れた方が良いですよね。介護の度合いによって選択基準は違ってきますので、しっかりと下調べすることと、複数の老人ホームを当たることも必要となります。