看護が必要な方

医療依存度が高い方は看護が受けられる老人ホームを探します。
例えば、胃瘻の手術をされた方、酸素療養をされている方、糖尿病の方など、介護だけでは出来ない「医療行為」が必要ですし、介護スタッフにそれをしてもらうわけにいきません。


医療行為は医師や看護婦、家族のみが行え、酸素は体に管が入っていないにしても流す酸素の量は医師が患者に合わせて指示しますし、胃瘻など体に入っている管を替える行為も介護スタッフがやってはいけないのです。
入所を考えている方によっては栄養チューブをされている方もおり、単に鼻から管を通しているように思えても、衛生面によっては潰瘍を作ってしまうこともあるのです。
ですので、そのような方は医療サービスが受けられる老人ホームを選ぶようにしますが、病状によって24時間体制で必要なのか、提携医院でそれが受け入れられるのかによって選ぶ必要があります。


多くの場合、併設した医院で行っているようですが、病気によって診療科目も異なりますので、その辺は詳しく調べるようにしてください。
介護と看護は全く別のものです。かかる費用が心配な方は介護保険認定を受け、医療費も受けられる制度などを調べておくと良いと思います。