老人ホームの種類としてあるケアハウスなど

ケアハウスというのがあります。これも老人ホームの一つであるのですが、軽費老人ホームとも呼ばれることがあります。
一時金と月20万円前後くらいの費用で利用することができるタイプの老人ホームということになります。

但し、60才以上で自立している生活ができる人というのが割と条件として決められているので、実はかなり際どいことも多いです。
介護自体は必要ないとしたとしても、一人で生活をするということにそれなりに不安がある人が入るものという認識で良いです。

他にも多少似ているものとしてあるのが、グループホームというのがあります。
グループホームというのは、特に色々な事業主体がありますので、民間事業者がやってることもありますしNPO法人ということもあります。
医療法人がやっているところもあったりするので、本当に色々なタイプが存在している老人ホームであると言えるでしょう。
但し、グループホームの入居要件は「医師により認知症と診断された方」「要支援2以上の方」と設定されているところがほとんどですので、該当する方のみが入居可能となります。

特別養護老人ホームとか有料介護老人ホームなど本当に色々な種類がありますが、どれか自由に選べるというわけではなく、条件をクリアして、ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です