老人ホームはいろいろとありますから

老人ホームというのは、特別養護老人ホームとか介護老人保健施設とか、グループホームとかケアハウスといったようなものがあります。
特定施設入所者生活介護という分類があり、特養や一部のケアハウス、介護付有料老人ホームが含まれます。
民間型もありますし、公共型というのもありますので、費用が安い公共方に人々が集まるというのは仕方のないことでしょう。

民間型というのは、どうしてもかなりの費用になってしまうということがありますので、特別養護老人ホームというのは避けるということも多かったりします。 その一つに介護老人保健施設があるわけですが、病気などで入院した後に状況が安定はしているが自宅で生活をすることに色々と問題があるというような人が入る施設ということになります。そういうタイプのものですから基本的には在宅復帰を目指すことになります。

こうした施設の違いがあるということになりますから、よくよく覚えておくとよいでしょう。どこに入ることになるのか、というのは民間のところはともかくとして、しっかりとケアマネと話し合うことにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です