老人ホームの様々な種類

老人ホームとはいっても様々な種類があります
その特性により出来る事もかわりますし、対象としている高齢者も変わってきます。
例えば介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)ですが、要介護3以上で入居出来るようになります。
この施設は寝たきりの高齢者や自分一人では生活が出来ない高齢者を対象としています。
次に介護老人保健施設(老健)はリハビリ目的で入居する施設で主にここで数年入居してから自宅の生活にもどったり、他の施設に移ったりするところです。

他にも認知症と診断されていないと入居出来ないグループホームや、自分の生活を今まで通り続けていけるように生活できる高齢者住宅など様々な施設があります。
施設ごとに特色も様々で、本当に寝泊まりだけしている施設もあれば、地域のイベントや高齢者の馴染みの場所へ出かける事を積極的に行い生活の活性化に力を入れている施設もあります。
生活の質を上げる為に頑張っている施設はとても良い施設言えるので指標の一つにしてみるのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です