多すぎる老人ホームの種類

介護保険が始まり、介護施設の分類が多岐にわたり供給されています。老人ホームは広義の意味で使われており、多種多様な分類を全て含めた総称です。

・要介護3~5の重度専用の特別養護老人ホーム
・要介護1~5のリハビリ施設の介護老人保健施設
・運営方針によりますが、自立・軽度向けのケアハウス
(介護専用型もあります)
・自立から要介護5まで受け入れています有料老人ホーム
(介護専用型や要支援からの入居もあり)
・軽度向け、重度まで対応可能といった幅広いサービス付き高齢者向け住宅
などが主なものになります。

老人ホームの種類を解説したページはたくさんありますが、大雑把な理解であれば文字の情報だけでわかります。
但し、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などは、その運営方針により入居要件から費用まで、かなり幅広い為、立地条件、共用設備の充実度、居室の広さやその付帯設備などにより、かなりランクが変わります。

有料老人ホームの建物によっては、上層階が自立、軽度向け、下層階が重度向けといった階層別になっている施設もありますし、棟で分けている所もあります。

サービス付き高齢者向け住宅も、自立や軽度向けをうたっている所では、重度になった際には対応が出来なくなりますので、認知症や身体的な介護で要介護3以上ほどのレベルに落ちた場合には、転居をしなくてはなりません。

特別養護老人ホームにおいても、従来型と新型に分かれており、従来型は多床室、新型は個室が主です。
費用も差がありますので、低価格の費用が代名詞となっておりましたが、個室では民間の有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅と大して変わらない価格となっています。

ただし、特別養護老人ホームはオムツ代が利用料に含まれている為、消耗品を多く使用される方にとっては数万円の費用負担をしなくて済みます。

問い合わせて直接話した方が理解が早いのは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です