高齢者向け住宅について知っておく

有料老人ホームの中で介護付き有料老人ホームと呼ばれるところは、行政から特定施設入居者生活介護といった指定受けてる施設で、これを受けてる施設はサービス内容が充実していて、介護保険サービスが定額であり月々の予算が立てやすいメリットがあります。

住宅型有料老人ホームは介護が必要ない自立の人、要介護度が低い方が多く入居しており、イベント、レクリエーションを重視していて、他の入居者とコミュニケーションができて、たのしく過ごせるのです。
また、健康型有料老人ホームは介護が必要のない自立した高齢者がシニアライフ楽しむ施設であり、老後生活を満喫できるようサービス、行事が充実しているというメリットがあります。
その一方、介護が必要なら退去が必要になる時があり、その場合併設している施設に移ることができる施設があって検討時に合わせてチェックしてみましょう。

そして、サービス付き高齢者向け住宅はあくまで住宅で、介護施設ではありません。
外出、外泊できるケースが多く、自由度が高い生活が送れるメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です